水着姿の女性を生で見たことが、ほとんどない。
強いて言えば、プールに遊びに行ったときくらいだっただろうか。

でも、水着の偽双子画像はよく創る。
われわれは、雑誌でもウェブサイトでもしごく当たり前に水着写真を見るけれども、現実において水着姿の美女を目にするチャンスって、ほとんどない。

このような水着の偽双子を創っていると、ああ、これは非現実的なファンタジーなんだな、と思う。
まあ、こんなきれいな双子が当たり前にいて、それが水着姿なのが当たり前な世界など、妄想の中にしか存在し得ないわけだけれども。



yumi037

yumi038

いや、だからこそ「妄想」というか人間の持つ「想像力」って大切なのではないかと思える。
もし、国に個人の自由を奪うような為政者が現れ、ポルノやマンガや映画や小説やアダルトビデオやエロゲーやなんかを強く取り締まったり、「清潔」な本や映画やなんかを押し付けてきたとしても、我々には密かに妄想を楽しむ自由はある。
誰かに監視されていても、「妄想」はこっそりとできる。
くだらないこと、いやらしいことを楽しむ自由は侵されてはならない。
心底、そう思う。

yumi039

<デジタル週プレ写真集> 杉本有美「蛇姫Serpent」
杉本有美写真集 『 wish 』

なんて、真面目なことを書いてしまった。

妄想とはいえど、ふたりの杉本有美っていいなあ。
こんな品の良いふたりに挟まれたらさぞや幸せかもしれない。
などと思う。