沙織は、<自分と愛し合うこと>が好きなのだと気づいた。

ある日、一人で暮らす沙織の家に、もうひとりの沙織が訪ねてきた。

沙織は、沙織と暮らしはじめた。
しばらくして沙織は沙織と旅に出た。

気がついた。

自分が好きなんだ、あたし。

秋の休み、ふたりはまた旅に出た。

古都でふたりは、また愛し合う。

 



畳と裸の偽双子はよく似合う。




Related Post