一週間前、朝。

彼女は、ベッドの中で、誰かが隣にいることに気づいた。

彼女のとなりに、彼女がいた。
ベッドの中でふたりに分かれて目覚めたのだった。
何日かの混乱を経て、ふたりは「自分が二人いる」状況を受け入れるに至った。
ふたりの心のなかにはそれまでにはなかった感情が芽生えていた。



 

週末になって、ふたりはデートをして予約してあったホテルにチェックインした。

ねえ、あなたは誰なの。
誰?わたしはあなた、あなたはわたしでしょ。

じゃあ、気持ちはわかるでしょ。
うん、わかる。
ふたりは見つめ合ってから、激しく唇を貪り合い、舌を絡めて、吸った。
そして。



そして、彼女は彼女と愛し合った。

「自分と自分が愛し合う」場面は、各自が想像してください。