2月18日

午前0時40分、里中あや1と里中あや2は、習慣化した性行為のあとで入浴した。
ふたりの性愛行動は長時間に及ぶ。
単に快楽を求めるのではなく、〈一体化〉を志向しているようにも思える。

同一体の出現事例は日本国内で現時点で12事例にのぼり、当局が保護観察を続けている。
男性4組の場合、3組は激しくいがみ合い、うち1組は殺し合いになって、同一体双方が死亡に至った。
男性1組は同性愛的な傾向が顕著で、性愛行動に規制をかけている。
女性8組のうち6組は敵対的な態度を取り、別々に観察を続けている。
里中あやともうひと組はきわめて親和性が高く、かつ同性愛的な振る舞いをする。










Related Post