2月11日

午前零時から2時間、抱擁、キス、互いの性器を指を使って愛撫。
ふたりでシャワーを浴びたあとで、就寝。

昨日に続いて降雪、施設の庭の積雪は午前7時時点で100センチを超えた。

里中あや1と里中あや2は、8時30分に目を覚ました。
同時に目を覚ますと抱擁しあって、数回唇を重ねる。
約20分経過の後、起床。
シャワーを浴びる。

9時15分
朝食
ライ麦パンのトースト、ベーグル、ベーコンエッグ、豆入りサラダ、牛乳、紅茶

里中あや2「よく寝たよね」
里中あや1「やっぱり、あんなにやっちゃうとね」

里中あや2「これって、オナニー?
里中あや1「どうして」
里中あや2「わたしたちが同一人物だとしたら、自分で自分をいじってるってことでしょ」
里中あや1「どうなんだろう。すごくむずかしい問題ね」

同一体・里中あや1と里中あや2は、このあと30分くらい、自分たちという存在について論議した。
考え方や好みは一致していて、はっきりした違いはお互いに認められない。

里中あや2「そっちの私のをさわると」
里中あや1「こっちのわたしのそこも気持ちよくなる」
里中あや2「すごいね」

里中あや1「考えが伝わってくるっていうのはわかったけど
里中あや2「カラダで感じると伝わってくるていうか」
里中あや1「頭のなかの部屋が分かれてて」
里中あや2「部屋のドアが開けっ放しのような」

 

13時17時
インタビュー
感覚共有の実験

里中あや1と里中あや2が、感覚や意識・思考を共有している。そう仮説をたてて、インタビューや検査および実験を継続している。
同じ人間が複数存在する「同一体出現事例」についてはいくつか仮説が提示されている。

・双生児が同一人物であると詐称している。
・1つの人格が何らかの理由でふたつの同じ外見の肉体を持っている。
・並行世界の同一人物がなんらかの理由でこの世界に移動してきた。
・人体の複製、記憶の複製の技術の結果生まれた。
(異星人のテクノロジーによるなどの理由)

里中あや1と里中あや2は同一体として研究対象になっているが、日本の他の「同一体出現事例」と異なって、同性愛/自己愛傾向が強い。










Related Post