2月8日

同一体・里中あや1および里中あや2は、スマートフォンのアラームを使って8時に起床。
ほぼ同時に目を覚ましてベッドからからだを起こす。
シングルベッドの部屋を2つ用意しているが、二人の希望で、キングサイズのダブルベッドを用意した。
ふたりは、同じベッドに入り、手をつないで就寝する。

ベッドから出たふたりは、里中あや2、の順番でシャワーを浴びた。

9時00分

焼き鮭、白飯、きゅうり、人参、大根、セロリの漬物、なめこの味噌汁
朝食時の会話。

里中あや1「夢見ちゃったよ」
里中あや2「あ、そう、私も夢を見たよ」
里中あや1「中学生の頃の夢」
里中あや2「あ、私も」
里中あや1「郁美が出てきた」
里中あや2「そうそう、郁美が怒ってて」
里中あや1「なんで怒っているんだろうって」
里中あや2「ね、わけわかんない」

同じ内容の夢を見ていたと、報告しあっている。

10時00分〜11時30分

里中あや1、里中あや2に最初の1時間、夢の内容についてインタビュー。
さらに30分、別々にインタビューした。

「同一体」と呼ばれる二人は、同じ夢を見るのか、そのことを確認した。
夢の登場人物は郁美という同級生、担任教師、体育教師という共通の人物があった。
しかし、夢のストーリーの細部はいささか違っていて、郁美の服装など、微妙な差異があるという。

我々は、里中あや1と里中あや2の体験について時間をかけて聞き出している。