クラスの美少女が気になって、ああ、彼女がふたりになったら、どんなふうだろう。
そういう妄想に悶々とした気持ちになった日々があったな、と思う。

美少女って、遠い存在でじぶんの世界とは離れたところにいるものだと思っていて、その離れたセカイで彼女はふたりになって遊んでいる・・・というような場面を想像していた。

たとえば、こういう。










ショートボブの美少女は、ほんとうに美少女。
そんな美少女が、ふたりいるというのはなんと美しいんだろう。