鈴木美香からの返答を、わたしはわたしと待っている。

何を話していいのか、話題が思いつかない。
それはもうひとりのわたしも同じで、わたしとわたしはすることもなく見つめ合った。






なんだか、へんな気分になってくる。
自分を自分で見るなんていう経験は、例えることができない。

ただ、わたしはわたしにもっと近づきたい、わたしに触ってみたいという気分に支配されている。



Related Post