同一人物でフォトセッションをしたとして、〈ふたり〉に生じる微妙な関係性だとか自己愛と自己嫌悪が交錯するようなふたりの表情を想像しては悶える。
偽双子は想像力の中で恐ろしく魅力的なのだ。